互換性インクをおすすめする理由

事務用品といえども消耗品は純正品を使うのが理想です。簡単に言えば品質が高いのがその理由。メーカーから見れば機器の一部として開発したわけであり、耐久性も保障されているのが普通だからです。プリンター用のインクも同様で、できることなら純正を使うに越したことはありません。しかし、大量印刷するユーザーからみるとコスト高が難点です。多少耐光性が落ちても良いのでもう少し安い物があればそれを使いたいと望む消費者は少なくありません。そんな悩みを解決してくれるのがサードパーティーから発売されている互換インク。これを使ってしまうと万一プリンターが故障した場合、保証が受けられなくなるリスクはありますが、使い方によってはランニングコストを劇的に抑えられる魅力的な商品であるのは間違いありません。使うべきか使わざるべきか迷う点もありますが、近年発売されたカートリッジタイプのものなら間違いなくおすすめできる商品です。以下では具体的にその魅力について説明します。

純正品を圧倒するコストパフォーマンス

なんといっても目を見張るのがその値段です。例えば純正品ならセール中でも一品500円に相当する物が互換品なら6色セット1000円で買えます。これはある程度の販売実績がある銘柄の話であって、新参ベンダーや機能上の制約が大きいものならば6色500円という例さえ珍しくありません。コストは前者の例でも1/3です。機能上の制約とはインク残量モニターのこと。しかし、前者に分類される商品はカーリッジ交換催促が出ないだけで、残量自体はPC画面からモニターできるものがほとんどです。従って、印刷ごとに残量確認を行い、早めにカートリッジを交換する習慣がある人にとっては、突然印刷が中断される事態に遭遇する可能性は非常に低いと言えます。言ってみれば車の燃料と同じこと。給油は残量警告灯が光る前に行うのが大原則です。値段が安い互換品なら予備を常備しても大きな負荷にはなりません。まめなユーザーには絶対おすすめです。

かつて疑問視されていた課題は解決済み

純正品と同じようにカートリッジにICチップを取り付けることは違法ではありません。既に最高裁で判決が出ています。また、形状はそもそも特長さえコピーしなければ意匠の侵害にはなりません。従って、互換品の存在は合法。これは重要なポイントです。残るは化学変化に関する課題でした。まずは発色と色の持続性。以前は色、特に印刷後の耐久性が不明で、そこが商品として不完全でした。しかし、いくつかのベンダーではこの部分も試験によってクリアしたことを宣言しています。これによって、使うかどうかは完全に自己責任だったマニアックな世界から、普通の商業ベースへと商品価値が向上しています。化学的変化に関するもうひとつの課題は故障時のプリンターメーカーの扱いです。純正品以外の基幹部材を使っての故障は保証の対象外とするメーカーの姿勢はもっともで批判は的外れです。しかし、この理屈を正しく解釈すれば、保証期間が過ぎたプリンターには遠慮なく使えることが分かります。このような事実から、一式新調する予定があるなら、その前に現行のプリンターで試験的に使ってみるのが体験方法としておすすめです。