純正より互換性インクをおすすめする理由

プリンターを使っているさいにネックとなるのがそのコストです。プリンターで印刷を行うさいには紙にインクを転写したり吹き付けたりすることで表現しますが、この費用が馬鹿になりません。業務用として大量にしている場合はもちろん家庭用でも大量に印刷をするとそのコストは膨大になります。また印刷を行うには失敗することも多く試し刷りをするにしても、同じ費用が掛かります。この失敗はそれだけ無駄に繋がりますから、出来る限り避けたいところです。この無駄な費用を抑えることができるのが純正品ではなく非純正、つまり互換品を使うことです。非純正であれば、価格は純正の3分の1程度で購入することができるのでます。純正よりも品質は劣るのは確かですが、高品質な印刷を必要としない場合や、複数台あるプリンターで試し刷り用として利用するといった面ではコストが抑えられておすすめです。

費用を抑えて印刷をしたい場合には

費用を抑えて印刷するにはインクの節約モードのほか、非純正品、つまり互換品を使うことです。メーカーとしては純正品の使用を強く奨めてきますが、その価格には3倍以上の差があります。画質から言うと、非純正品は見劣りするところはありますが、モノクロ印刷やそもそも画質を求めない場合には見劣りする以上のコスト面でもメリットがあります。また純正品は非常に高価でありミドルクラスまでのプリンターであれば、インクを買うさいには本体価格の半分から3分の1程度の費用が必要なケースもあり、効率的ではありません。ただ社外品を取り付けると保証外となるため不具合が出た場合にはメーカー保証を受けられませんが、純正品でもトラブルは起こります。このためプリンターの保証期間が過ぎていれば金銭的に見ても、それほどの差がありません。このため費用を抑えたいのであれば互換品をおすすめします。

おすすめするには訳がある非純正の特徴

非純正といっても、その種類はさまざまです。以前は詰替品というものがありましたが、カートリッジを新製したものがあります。おすすめする理由は安さですが非純正でもメーカーによって品質が異なってくるので注意が必要です。一方で特徴としては、やはりカラー印刷に差が出るということです。多少の色合いの違いが出てきますが、最新の非純正では目立って異なるということはありません。このため一般の人がみても少し濃淡が変わったという程度にしか認識されません。またモノクロ印刷ではほぼ違いがないぐらいの品質があります。以前は、非純正は滲むと言われていましたが、現在はそのような欠点は改善されていますし、インク残量表示用のICチップを内蔵したものも販売されており純正品と変わらない感じで使うことができます。